大寒になると寒さが増す時期のお風呂の入り方とは?~極寒の時でも温まる方法~


長い間寒いところにいると、体が冷えてガタガタと震えが襲ってきます…。家に帰ってホッと一息ついたら急にしんどくなった経験ありませんか?

そのときに体で起きている現象とは?

寒いときの注意点は、外気と体温の差からくる血圧の変化に気をつけることです!!
寒いところでは急激に血圧が上昇しますが、暖かいところでは体が急に温まり、今度は急速に元の血圧に戻ろうとします。(ヒートショック現象とも言います)

だから、冬場のお風呂で倒れる方が急増するのはこの血圧の急激な変化で心筋梗塞などが発生しやすくなるからです。
また、寒い所に長時間いて家の帰ってから突然体がしんどくなったり、手足が冷えてボーっとするなど、いわゆる「冷えのぼせ」のもこういった理由もありますのでご注意です!

そんな、急激な血圧の変化は体に負担がかかります。少しでも負担を軽くする為に短時間で簡単に体が温まる方法をご紹介します。

温めポイント

  • 骨盤の真ん中あたり(やや上の部分)を上下に擦る。
    (だんだん温まってくるのを感じてくるはずです。)
  • もっと温まるには・・・

  • 温まってきたら両膝の屈伸運動。
  • さらに両手で太ももをつかみ屈伸運動をする。
  • たったこれだけでも、けっこう体は温まりますよ!!
    動画:寒い冬のお風呂の入り方

    カテゴリー: 健康情報   パーマリンク
    Amebaなうで紹介

    コメントは受け付けていません。