カテゴリー別アーカイブ: 健康情報

下痢の対処法

Amebaなうで紹介

              一般的に、やわらかい便や水のような便が出ることを下痢と言いますが、便の 状態にも個人差があります。いつも便がやわらかいが、体調に問題はないとい う場合は、下痢とはいいません。 水っぽい便が普段よりも回数多く出たり、排便時にお腹が痛むなどの不快な症 状を伴う場合を、下痢といいます。 現代の西洋医学では薬を使って下痢を止めようとしますが、整体法では特別な 場合を除き、下痢を止めるようなことはしません。なぜらな、人間の体には不 必要なもの、害になるものが体内に入ってきたとき、それを外に出そうとする 働きが備わっており、下痢もその手段のひとつだからです。 例えば、痛んで悪くなった食べ物、食中毒を起こすような細菌やウイルスが付 着した食べ物を、うっかり食べてしまったとします。このとき下痢をして、さ っさとそれらを体の外に出してしまえば、せいぜい腹痛程度の被害ですむので す。 しかし、無理に下痢を止めると、大変なことになります。細菌が腸内で繁殖し て大量に毒素が出されて、体が大きなダメージを受けてしまうのです。下痢を 止めることにより、激しい頭痛、嘔吐、発熱のほか、命を落とすことさえあり ます。 ちなみに、嘔吐も悪いものを排泄する手段のひとつです。下痢だけでは排泄が 間に合わないような毒性の強い物質が入ってきた場合には、嘔吐も一緒に起こ ります。また、薬で下痢を止めた場合も、それにかわる手段として嘔吐が起こ ります。 とはいえ、長く下痢が続けば体が弱ってしまいますから、対策が必要です。こ の場合、体が刺激に対して過剰に反応してしまったと考えられるので、脊柱を ゆるめる体操で、体の中心部の緊張をほぐしましょう。下痢の症状が落ち着い てきます。 この体操は、精神的なストレスが原因で起こる、過敏性の下痢にも効果があり ます。すぐには効果が現れないかもしれませんが、続けることにより、次第に よくなっていきます。 〈脊柱をゆるめる体操〉 1.手を前からゆっくり上にあげ、両手足で背骨を思いきり伸ばす。このとき、アキレス腱は伸ばし、かかとを突き出すようにする。 2.背骨を伸ばしきって2、3呼吸耐えたあと、全身の力をポンと抜く。   下痢の時の腹痛をやわらげるには、蒸しタオルが有効です。痛い部分に温かい … 続きを読む

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冬の体調管理方法

秋から冬になるに伴って寒くなるということがありますが 体に対しては冷えよりも空気が乾燥する方が影響が大きいです 11月頃になると本格的に空気が乾いてきます 空気が乾燥してくると、皮膚から水分が発散しやすくなって 体がサラッとしてきます その点ではさわやかで良いのですが 体から水分がどんどん発散していくので、ちゃんと水分を補給しないと水分不足になってしまい体に不調が表れてしまいます   (むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃があれる、皮膚のかゆみなど)   また、体の水分量が減ってくると、血液が濃くなり、血流 ・ 血行が悪くなります。 その結果、水分不足と冷えの影響によって 血圧が高くなったり、脳梗塞になりやすくなってしまいます   人の感覚の中で空腹には敏感で、すぐに気が付くのですが 乾きに対しては鈍感でかなり乾いてこないと、水分が足りなくなってしまう事に気が付けません また、暑いと水を飲みますが、寒くなると、からだの水分が足りなくなっても、水を飲みたいという気が起こらないようです。 ですので、くちびるや、口の周りなどがかさかさと乾燥してきたら それは乾燥のサインです そのタイミングでは体はもう乾いています 水分を補給するタイミングが来たということです 冬の不調が気になる方は参考にしていただけますと幸いです 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寒い時期に腰が固まらないようにするには!?

12月に入り朝晩が冷えるようになりましたね! この時期、足元が冷えると腰の筋肉が固まりやすくなると言われています。 腰の筋肉が固まるとぎっくり腰になりやすくなります。年末が近づくこの時期に誰しもぎっくり腰にはなりたくないですよね? そこで今回はこの時期に固まりやすい腰の筋肉をやわらげる簡単なストレッチをご紹介します。   1.イスに座ります。 2.両手で膝を抱えます。 3.ゆっくりと頭を下ろしていき上体を前に倒していきます。 4.腰周りの筋肉が伸びているのを感じながらゆっくりと上体を倒していき気持ちいいぐらいのところで20~30秒静止します。 5.ゆっくりと体を元に戻していきます。 6.1~5を3回ほど繰り返します。 ⇒動画はコチラ   このストレッチのコツはとにかくゆっくりと行うこと。腰周りの筋肉が伸びるように上体を倒すこと。この2点をしっかりと意識してください。上体を倒すことばかりに気を取られてしまっては肝心の腰周りの筋肉にアプローチできなくなるためです。 腰痛になりがちの方は特にやっていただければ嬉しいです。是非とも毎日の日課にしてみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

足裏のむくみ解消で回復力アップ

顔や足のむくみが気になる方は、意外と多いのですが、 むくみは、内臓にも現れることもあって、 胃や腸の動きを鈍くすることもあります。   足のむくみは、膝から下の部分が気になりますが、 足裏までむくみがあると、 体の回復力が低下している可能性があります。   内臓の働きが弱くなっていると 足の裏にある、様々なツボや内臓の反射点が影響を受けて むくみやすくなるのです。 今回は、足裏のむくみを解消する方法をご紹介します。   ①足の指を1つずつ曲げ伸ばしをします。 ②次に足裏の人差し指と中指の間から、指2本分下のあたりを押します。 ③かかとに向かってゆっくり押していきます。 ④③と同じ場所をテンポよく押していきます。 押し方が2パターンあることで、足裏を刺激して血流を改善していきます。 動画:足裏のむくみ解消方法   継続していくことが大切です。 テレビを見ながらなど、空いた時間でもできますので、 ぜひ試してみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

集中したい時に集中を途切らせないようにする方法

今回は、集中しないといけないのに集中が切れやすい時に試してほしいことを紹介します。   これから、12月にもなり仕事が忙しくなるんじゃないかなと思います。 そんな時に集中が切れてしまうと仕事もはかどりません。 ですので、そんな時に試してほしいことを紹介します。   脳というのは、90分ほどしか集中が続きません。 それ以上頑張ろうとしても集中が切れて仕事がはかどりません。 また、交感神経が興奮しすごて自律神経まで乱れてしまいます。   ですので、15分ぐらいで休憩を挟んでください。 その時、呼吸を意識します。 ①鼻から4秒かけて息を吸います。 この時、お腹に手を当ててお腹が膨らむのを感じてください。 ②鼻から8秒かけて息を吐いてください。 この時は、骨盤の底から内臓を持ち上げるようにお腹が凹むのを感じてください。 この呼吸を気持ちが落ち着くまで行います。 苦しければ、時間を短くしても大丈夫です。なんであれ息を吐く時間を長くしてください。   90分の間にこの休憩を15分間隔ぐらいで挟むことで頭もすっきりしますし、集中力も高まりますので、集中したい時に試してください。     今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

イライラの対処法

今回は、イライラした時の対処法をご紹介します。   イライラする原因としては、ホルモンの影響や食生活などがあがりますが、もう一つ、背骨に原因がある場合もあります。 イライラしやすい人は、背骨が硬直し、呼吸が浅くなります。 長時間のデスクワークによる姿勢やエアコンの普及による冷えなどにより背骨が硬直し 肺に負担がかかり、呼吸が浅くなってしまい、酸素が体全体に行き届かずに、 イライラしやすくなってしまいます。 対処法としては、イライラすると鳩尾が固くなるので、鳩尾に手を当て、導気をすると軽減されます。 もう一つは、呼吸が大切なので、今回動画で紹介する呼吸法を試して下さい。 動画→https://youtu.be/fLIOpKtwP7k      

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

月経痛の対処法

                月経痛には、子宮筋腫などの病気によるものがあり、その場合は、病気を治さ なくてはなりません。 しかし、病気でなくても、生理痛に悩まされることがあります。整体法でみる と、そういう人は、たいてい骨盤の可動性が悪くなっています。 骨盤は腰椎4番の左右にあります。その左右の骨盤がバランスよくゆるんだり 締まったりして、中心の4番にきちんと力が集まっているのが、よい状態で す。しかし、左右どちらかの動きが悪くなると、しだいに位置が狂ってきて、 やがて痛みなどの不快な症状が出てくるようになるのです。 整体法では、婦人科系統に不調がある人の場合、腸骨、あるいは骨盤や股関節 などをみます。月経痛などのトラブルを抱えてる人は、たいてい左側の骨盤が 下がっているものです。 こんなときは腸骨体操で、骨盤を正しい位置に引き上げましょう。関節や筋肉 の硬直が強くて、腸骨体操が苦しいときは、あおむけに寝て両膝を立て、足だ けをゆっくり左右に倒して腰を回転させるだけでも、痛みが楽になります。 腸骨体操が楽にできるようになったら、恥骨体操をして骨盤の左右の偏りを整 えます。 蒸しタオルは腰椎4番のところに当てるのが基本ですが、痛みの強い場所に当 ててもよいでしょう。 腸骨体操 1.うつ伏せに寝て、床をすりながら両足を大きく開く。 2.膝を曲げて、両方の足の裏を合わせる。 3.両足の裏をあわせたまま、踵をお尻に近づける。このとき、膝が閉じないよ うにする。 4.踵をお尻に近づけたまま、つま先をできるだけ上に向けて、2、3呼吸耐え る。1日2回(朝・晩)行うのが目安。 動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寒くなってきた今の時期の免疫力の高め方

今回は、寒くなってきた時期の免疫力の高め方を紹介します。 気温が下がってきて、体調を崩し気味の人が多くなっているように感じます ・風邪 ・乾燥による不調 ・冷えて調子が悪い ・寒暖差に体がついていかない 等々   ですので、寒くなってきた時期を健康に過ごす為に   免疫力を高める方法を紹介します。 方法ですが… お腹の真ん中あたりにある『中脘(ちゅうかん)』というツボを刺激します。   場所は、みぞおちとおへその真ん中あたりにあります。 この場所を息を吐きながら10回程度痛くない程の強さで押してください。 このようにすることで、お腹の血流が良くなり 免疫力を高めることができます。 皆さんも、この冬風邪を引かないためにお試しください。   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

風邪が長びく人の特徴とは?

今回は、咳や鼻水、倦怠感がつらい、、、「風邪」についてのお話です。 人がかかりやすい病気の1つとして風邪があります。 風邪の特徴は、咳や鼻水、発熱です。 咳、鼻水は喉や鼻の粘膜に菌やウイルスが進入して 炎症が起き、それを治すために出るもの。 発熱は、菌やウイルスをやっつける為に出てきます。 風邪だからと言って、咳が1日中出続けるかと思えば、 就寝中に出るパターンが意外と多くあります。 これは、肩甲骨のあたりにある背骨、特に胸椎1番から3番あたり が自由に動けなくなっているから呼吸が浅くなります。 そのため、咳を出すことで背骨が動くようにするのです。 では、なぜ夜中に咳が出やすいのかと言うと 睡眠には、浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)があります。 これが約90分周期で入れ替わると言われています。 動画:風邪のひき始めにはこのツボ押し この睡眠の入れ替わるときに、寝返りが起きます。 寝返りをする事で呼吸がしやすい体勢へと変えて行きますが、 寝返りしなくなる睡眠では、次第に呼吸が苦しくなってきます。 そこで、咳を出して背骨を動かし呼吸がやりやすいように 反応を起こすのです。 だから、寝ると咳が出やすくなるのです。 風邪になると、長びく方がいますが それは3つの事を気をつけると改善してきます。 ・睡眠時間が短い。 ・食事の時間が夜遅すぎる。 ・栄養が過剰状態。 意外かと思いますが、栄養が多いと反対に免疫力が低下します。 風邪をひいたら、まず睡眠です。次に水分補給です。 熱が出た時は、熱を下げようとするのでは無く、 風に当たらないように注意してください。 これは、冷たい風だけでなく、暖房などの暖かい風も同様です。 咳や鼻水が少し出始めた時から 睡眠を多くとって体を休ませると、 免疫が早く働いてくれます。 風邪気味かな?と感じたら侮らず、まずはしっかり睡眠をとる事です。 動画:風邪のひき始めにはこのツボ押し

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

寝ても寝ても疲れが取れない方へ

今回は、寝ても寝ても疲れが取れない時の対処法を紹介します。   朝起きた時から体がだるく重たい。 だとか、たくさん睡眠をとっているのに眠たい。   という方は多いと思います。 そんな状態で、仕事や家事をするなんてとてもしんどいですよね。   ですので、今回は寝ても寝ても疲れが取れない時の対処方法を紹介します。     体には、「乳び槽(にゅうびそう)という場所があります。 だいたいみぞおちのちょっと下あたりにあります。 ここは、体のリンパの8割ほどが通過するところで、老廃物が滞りやすく溜まりやすい場所です。 ここに老廃物が溜まると、体のリンパの流れも悪くなりますので疲れが取れにくかったりむくみやすくなったりします。   ですので、乳び槽に溜まった老廃物を排出する方法を紹介します。 ①仰向けに膝を立てて状態で寝て、手をみぞおちのちょっと下あたりに置きます。 ②鼻でゆっくりと息を吐きます。 ③吐ききったら鼻でゆっくりと息を吸います。この時、手でお腹が膨らむのを感じてください。ただ、無理やりお腹を膨らませるのではなくて自然に行ってください。 ④鼻で吸いきったら、鼻でゆっくりと息を吐いてください。この時も、手でお腹が凹むのを感じてください。 この呼吸を心地よく感じるまで行ってください。 この呼吸をする時に意識して欲しいのは細く、長く、ゆっくりと同じペースで呼吸を行ってください。   この呼吸をすることで、横隔膜が動くことで乳び槽を刺激し手を置いてることでより刺激しますので、老廃物が排出されます。   その結果、体の疲れが取れやすくなりますし、むくみの解消にもつながり朝からスッキリと目覚められて寝ても寝ても眠たいということがなくなってきます。 皆さんも、1度お試しください。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。