カテゴリー別アーカイブ: 健康情報

貧血の対処法

Amebaなうで紹介

                  西洋医学で定義されている貧血とは、血液中の赤血球や血色素(ヘモグロビン) の量が減少した状態のことです。よく知られているのは鉄分が足りなくて起こ る鉄欠乏性貧血ですが、自覚症状がほとんどなく、健康診断などで血液検査を して、はじめて貧血だとわかる場合も少なくありません。 これに対して、私たちが普通、貧血といっているのは、人ごみや満員電車のな か、あるいは入浴中などにクラッときたり、朝礼などずっと同じ姿勢で立ち続 けているときにフラッときて、思わずしゃがんでしまうような状態のことで す。ときには冷や汗がでたり、意識を失うこともあります。 ちなみに西洋医学では、これを脳貧血(一時的に脳の血液量が減少する状態)と 呼んで、貧血と区別しています。しかし、ここでは一般的な感覚に合わせて、 クラッとかフラッとくるものを貧血と呼び、その改善策をご紹介します。 立ちくらみを起こすのは、自分を取り巻く外界の変化に、体がスムーズに対応 できないからです。たとえば、入浴中は血管が広がって、血液が脳と体に同じ 勢いで流れます。しかし、風呂から上がると、脳に流れる血液の量が減ってしまうのです。 この変化にスムーズに対応できない体だと、血液の流れの格差で貧血の状態に なります。 また、貧血を起こしやすい人の体にさわってみると、上腹部全体が固くなって います。さらにいえば、こういう人たちは低血圧だったり、汗をあまりかかな いことが多いものです。 貧血をはじめとしたこのような症状を改善するには、上腹部の固さを取る必要 があります。上腹部の硬直をゆるめる方法は、手根(手のひらのつけ根)を肋骨 に当て、内側に締めるという簡単な方法ですが、とても効果があります。 締めることにより、肋骨はゆるんで、椎骨の可動性がよくなります。それによ り、神経の伝達がスムーズにいき、これらの不調をとりのぞいてくれるので す。 上腹部の硬直をゆるめる方法をご紹介します 。 ①みぞおち近くに指先が向くように、肋骨を抱える。 ②みぞおちに力を集めるように両側から肋骨をよせ、2、3呼吸耐える。息を 吸うときにゆっくりと手をゆるめる。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

ドライアイを解消する方法

今回は、ドライアイを解消する方法を紹介します。 ドライアイになると目は痛くなるし、酷くなると頭痛もします。 また、仕事でパソコンなんて苦痛で仕方ないですよね。   ですので、今回はそんなドライアイの解消方法を紹介します。   方法は、「四白(しはく)」というツボを刺激します。 場所は、指の人差し指と中指を中指が鼻側に来るようにして小鼻の横に当てます。そこから中指を離してください。 その状態で、人差し指のある場所が四白です。 そのツボを1秒に1回押すリズムで30秒ほど気持ちの良い程度で良いので刺激を与えてください。 そのあと、目の周りを蒸しタオルで温めてください。 そうすることで、目の周りの血液の流れが良くなりますのでドライアイの解消になります。   皆さんも、目が乾いた時やドライアイをなんとかしたい時に試してください。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

吸って吐いてだけが呼吸じゃない!!

『空気を吸い込んで肺で酸素を取り込み、 二酸化炭素を血中から取り出して吐き出す』 呼吸という言葉からはこのようなイメージを連想される方が多いのではないでしょうか。 実は、呼吸はもっと体の隅々へと頭の先から手足の先まで浸透していくものなのです。 口や鼻から吸い込んだ酸素は肺で毛細血管から心臓へ送られます。 酸素はそこから、動脈を通って脳や内臓、腕や足など、体の隅々へと送られます。 その先で血管はどんどん細くなり、ついに酸素は細胞のすき間へ、 そして細胞内へと入ります。 細胞内へ入った酸素は、腸で吸収された栄養とともにエネルギーを生み出す原料になったり、脂肪やたんぱく質の分解を助けたりします。 その副産物として出てきた二酸化炭素が、再び毛細血管から肺へ戻り、血管から放出されて、体外へと出されるわけです。 これが、『呼吸』の本来のすがたです! しかし、現代人のほとんどが上手く酸素を取り入れられず浅い呼吸しかできずに、それが習慣化し、不健康な状態になっています! この本来の呼吸のイメージをもって深呼吸するだけでもいつもより質の良い呼吸ができます! あとは姿勢を正して呼吸をすることで多くの酸素を取り入れることができます! そこで、今回は姿勢を正しやすくするための簡単なからだのバランスを整える方法を ご紹介致します! 1.仰向けになり、両腕を真横に伸ばし、両膝を立てます。 2.顔を向きやすい方へ向け、両膝をそれと反対方向へ倒します。 3.その状態で深呼吸を5回程度しましょう。 ※先ほど説明した本来の呼吸のイメージでゆっくり行いましょう。 4.そして、顔、両膝を戻します。 5.次に今行った方と反対側に顔と、両膝を倒し同じように深呼吸を行います。 6.そして、顔と両膝を戻します。 動画で確認しましょう!! これを交互に3セットずつ行ってください。 1日2~3回できると効果が上がります! からだのバランスを整えた上で、 姿勢を正して呼吸すると 酸素がからだ中を巡り潤います! 健康なからだをつくっていきましょう!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

腰の痛みを和らげる方法!

動画はこちら! 今回は以前ご紹介した腰が痛いという方に効果的な対処法をご紹介したいと思います。 腰の痛みの原因には様々なものがあります。 例えば腰のヘルニアから痛みが出る場合 また腰の脊髄を痛めて痛みが出る場合 内臓の反応から痛みが出る場合 リンパの流れが悪くなって痛みが出る場合です。 今回も最後のリンパの流れが悪くなって痛みが出る場合の腰痛に対して効果的な対処法をご紹介したいと思います。 特にこれは女性の方に効果があります。 リンパの流れが悪くなって痛みが出る場合の痛みの特長としてはじっとしていても痛みがある。だるく重たいような痛みがある場合です。 こういった腰痛はリンパの流れが悪くなって痛みが出ている可能性が高いです。 あとは冷えている時に痛みを感じたりする場合ですね。 こういった腰痛は鼠蹊部のリンパの流れが悪くなってその流れの悪さが腰のほうにまで影響してしまっていることが多いです。 そのため鼠蹊部のリンパを流すような対処法をご紹介したいと思います。 1、立位もしくは仰向けで寝ます。 (リラックスした状態のほうがいいので仰向けのほうが良いです。) 2、鼠蹊部のリンパを上から下に流すようにします。 これだけです‼︎ これを朝、晩にしてもらえるといいですね。 これだけと思うかもしれませんがとても効果的な対処法です。 特に女性の方は鼠蹊部のリンパの流れが悪くなると卵巣にも冷えの影響があるので常に流しておく必要があります。 ただ、鼠蹊部には神経、動脈、静脈などの大事な組織があるのであまり強くやりすぎないように気をつけてもらえるといいですね。 これをすることで鼠蹊部のリンパの流れが良くなります。それにより腰のリンパの流れも良くなります。 ぜひやってみてくださいね‼︎

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

花粉症の症状を一時的に止める方法

この時期に花粉症に悩まされている方、沢山いらっしゃるのではないでしょうか? 今年は花粉の飛散量が例年の数倍と言われていて、それを証明するかのように症状がひどく現れたり、今まで大丈夫だった人が花粉症になってしまったり… 例年よりも色々な悩みの声が耳に入ります。 花粉症の症状は『目や鼻、上気道などの粘膜が過敏になってしまう現象』です。 大まかな仕組みは…。 杉などの花粉(アレルゲン)に、自分の体を外からの影響から守ろうとする力(免疫系)が過敏に反応してしまう為に体が反応して症状が現れてしまうのです。 そして、体のどこかにそのような過敏反応がある場合は、反対に体の他の部分に鈍り(鈍麻 ・ マヒ)があるケースがかなり多いです。 鈍さと敏感さのどちらかがある場合は、もう一方もあるのです。   例にもれず花粉症も、体の働きの鈍い人に起きやすくその鈍りの代償と過敏があります。 鈍い体を何とかして正常にしたいという体の働きが過敏を引き起こすのです。 過敏になるには過敏になる意味があるのです。 「なるほど~そんな理由で花粉症が起こっているのか…」 と納得された方も多いのではないでしょうか? しかしながら、日常生活ではそんな悠長な事も言っていられないです。 人と会わなくてはいけないときや、学校の試験のとき、仕事の都合もあるでしょう。 そんなときに、一時的にだけでも過敏な症状を止めてしまうポイントがあります。  目鼻の過敏な症状を、抑えるには、額の髪の生え際をたたきます。 手のひらの手首に近い方、手根といわれるあたりで、額の生え際をどんどんとたたきます。 回数は20回~30回。 生え際が後退している方は、今の生え際ではなく、かつての生え際です。  ここをたたくと、体の過敏現象を押さえることができます。 花粉症だけでなく、腸の過敏で下痢が続いているときなど、過敏反応全般に使えるポイントです。 ただし、体の働きを鈍くするところでもありますから、乱用はいけません。ここ一番というときに試してみて下さい。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

体幹を強くするためにすべきこと

体幹とは人間の手足を除いた胴体部分のことを言います。そして人体の主要部分であるとされています。 図が示すように体幹を構成する筋肉には多裂筋、横隔膜、腹横筋、骨盤底筋が挙げられます。 体幹が弱いと身体がすぐにぐらつき転びやすいといったことになり日常生活においても支障をきたします。 なのでいくら腕や脚だけを鍛えてもこの体幹を鍛えないとあまり意味がないと言われています。 今回は体幹を構成する筋肉である腹横筋のトレーニングをご紹介したいと思います。   1.床にあお向けになり、膝を立てる。 2.深く息を吸いながら、お腹を膨らませる。 3.息を吐きながらおへその下を、へこませた状態を10秒キープ 4.10程度ゆっくりを行っていく。 ⇒動画はコチラ この運動は簡単でそんなにきつくないためいつでも気軽に行えるオススメの運動です。 地味ですが続けていけば必ず成果を上げれるでしょう! 頑張ってやってみて下さい!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

こむら返りの対処法

ふくらはぎの筋肉がけいれんし、痛みを感じるのが、こむら返 りです。この状態を「足が、つる」と表現する人もいます。 睡眠中や、足を動かした直後に起こりやすい傾向が見られま す。また、筋肉の弱い人が急激な運動をしたときや、妊娠中の 人や糖尿病の人もこむら返りを起こしやすいようです。 これはこむら返りが、筋肉の硬直を起こしているときに起こる からです。 睡眠中に起きるのも、体が休んでいることで、ゆるんでいる箇 所と、ゆるみにくい箇所との格差が大きく出て、この格差が筋 肉の硬直を生むからです。 そのため、体全体に硬直がある人、とくに老人の様な体はゆる む箇所がないため、こむら返りはまず、おこらないのです。 さて、整体法では、このこむら返りを腰が疲れたときに起こる ものと考えています。腰が疲れてこわばり、ゆるみが悪くなっ て、足の裏側の筋肉を硬直させるのです。 とくに、骨盤が下がった状態で腰がこわばると、ひんぱんに、 こむら返りがおこってしまいます。また寝ているとき、普通な ら体全体がゆるむのですが、ほかの部分はゆるんでも、ふくら はぎの筋肉だけ硬直が残るようになります。 そして、ゆるんだ筋肉と硬直した筋肉のあいだに生じる落差 が、痛みのもととなるのです。寝入りばな、あるいは明け方に こむら返りが起こりやすいという場合は、たいていこのタイプ です。 こむら返りが起こった時の応急処置としては、まず、ひざをだ くようにして、腰の筋肉を伸ばすことが先決です。大元である 腰の筋肉をゆるめれば、足の裏側の硬直はとれます。 一般には、足の親指を甲側に引っ張る方法がいいといわれてい るようですが、つま先は足裏側に丸める方が、足の裏側の筋肉 がゆるみます。 こむら返りがおこった時の応急処置 1、ひざを抱えるように曲げて、腰を伸ばしてゆるめる。 2、あお向けに寝たままでやってもOK。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

春までに二の腕を細くする方法

今回は、二の腕を細くする方法を紹介します。   腕には「上腕二頭筋」と「上腕三頭筋」という筋肉があります。 「上腕二頭筋」は力こぶの筋肉で腕が太く見える人は「上腕三頭筋」が衰えてたるんでいます。その結果腕が太く見えてしまいます。   ですので、「上腕三頭筋」を引き締めることができれば腕は細くなります。 ですので、今回は「上腕三頭筋」を引き締めて腕を細くする方法を紹介します。   方法は、 ①まず、足を肩幅に開いて立ちます。 ②息を吸いながら両手を挙げます。その時手の平は外側を向くようにしてください。 ③その姿勢のまま3呼吸キープしてください。 このエクササイズをすることで、「上腕三頭筋」を鍛えることができますので、腕が引き締まります。   ですので、皆さんも1度お試しください。     今日の動画です。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

『乗り物酔い』と『胃』

日が少しずつ延びてくるこの頃。 春が近づいてきましたね。 気候が良くなってくると 良い景色をみたり 美味しい料理を食べに行ったり どこか素敵な所へ   旅行へ   いかれる方が多くなるのではないでしょうか。 でも、せっかくの楽しい旅行が 乗り物酔い で苦しむことになる方も多いのではないでしょうか。 その乗り物酔いの原因の1つとも言えるのが   胃です! 胃が弱っていると乗り物酔いを起こしやすいと言われています! そこで今回は胃の状態をチェックする方法と、日々の胃のケアをご紹介いたします! まずはチェックポイント! それはおへそとみぞおちを結ぶ線の真ん中の辺り! そこが固くなっていたり、冷たくなっていたりすると胃が弱っているかもしれません! そんな時は 1.その場所を蒸しタオルなどで暖める! 2.お腹を寄せて両手で挟んで軽く刺激をする! 動画をご覧ください   どちらでも構わないので、毎日してみしょう! 乗り物酔いを起こしやすい方、胃が弱っているなぁと思っている方は試してみてください! 乗り物酔いを克服して 楽しい旅行へ Let’s go!!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冬から春の変わり目に体調を崩さないために

季節の変わり目は体調を崩しやすい… 皆さんは調子を崩していませんか?? 冬から春に向かう時に ・息苦しさ ・ぼーっとする ・頭が重い ・目や鼻の粘膜がかゆい 等々に悩まされる人が多いようにおもいます。 実はそれらの原因は同じで 冬の寒さによって肩甲骨の動きが悪くなってしまう為 です 春をうまく迎えるためには頭の後ろの骨(後頭骨)と肩甲骨が柔らかく動けるとが大切なのです。 頭の後ろの骨は春が近づいてくると自然に柔らかくなるのですが、肩甲骨は動きがつきにくいです その動きの悪さが不調の原因になってしまいます。 ではどうすれば肩甲骨が動くようになるのでしょうか? 自分で「力を抜こう」と意識するだけではなかなか上手くいきません ①肩甲骨をグッと背骨に寄せる(内側に寄せる)→脱力 ②肩甲骨を上にあげる(肩をすくめる)→背骨に寄せる→脱力 ※①、②を5回ほど繰り返す ③腕の付け根の前の部分、後ろの部分を5回ほどつまむ 上のようにすると肩甲骨が柔らかく動くようになり、不調を迎えずに春を迎える事ができます 気になる方はお試しください   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。