カテゴリー別アーカイブ: 健康情報

体の内側から考える「冷え性対策」

Amebaなうで紹介

寒さが厳しい日々が続いていますが 皆さんは“冷え”に悩まされてはいませんか? 冷えてしまって寝にくい 体がむくむ 代謝が落ちて太ってしまった 厚着をするので肩がこる… 多くの人から、色々な不調を耳にします。 『冷え』対策にはいろいろな方法がありますが 今回はどんな食べ物が体を温めてくれるのか? について書かせてもらおうと思います。 キーワードはずばり “根菜” です。 土の下で育つ野菜を指し 血行を良くするビタミンE 体温を維持するために必要不可欠なミネラルが多く含まれているのです。 特におすすめの野菜は ニンジン…抗酸化作用を持つベータカロチンが豊富に含まれている。 食物繊維、鉄分、カルシウム、カリウム等が多く。 油で調理する方がカロチンの吸収が良くなる。 ごぼう…食物繊維がたくさん含まれているので、便秘解消に効果が高い。 善玉菌を増やす働きがあるので、血糖値が急上昇するのを防ぐ働きがある。 里芋…ガラクタンというぬめり成分が含まれていて、免疫力を高めたり、がん予防に効果があるとされている。 さつまいも…りんごの10倍のビタミンCが含まれていて、加熱しても栄養が壊れにくい。 かぶ…根の部分はビタミンCや酵素が多く含まれている。 酵素のジアスターゼは消化吸収を助けるなど、胃腸を整える効果がある。。 ショウガ…ショウガオールという辛み成分が体を温める効果が高い。 ジンゲロールは殺菌作用を持っている。 だいこん…加熱調理をすると体を温める働きを持つ。 沢山含まれているビタミンCと酵素は加熱すると失われてしまうので、生食がおススメ。 等などです。 体を中から温めてくれる、頼もしい食材なのですが気を付けておきたいポイントがあります。 ・他の野菜に比べて等分が多めに含まれているので、食べ過ぎないように気を付ける ・固いものが多いので、しっかりと煮込んだり、スープに使うようにする です。 皆さんもお試しください。   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

体幹を鍛えるために必要なトレーニングとは!?

体幹を鍛えるのに有効なトレーニングて何?一般の方でそう思う方もたくさんいると思います。体幹が弱ることにより猫背姿勢になったり腰痛を引き起こす要因にもなるため体幹トレーニングは健康に不可欠であると言われています。 そのトレーニングの1つとして腕立て伏せが挙げられます。 よく我流で腕立て伏せをやって腰や首が痛くなると聞きます。 そこで今回は正しい腕立て伏せのやり方をご紹介したいと思います。   1.腕を肩幅より拳二つ分ほど外に開いて床に着く。 2.足を伸ばして、つま先だけを床につけて腕とつま先で体を支える。 3.足から首まで一直線になるよう姿勢を整える。 4.目線は顔から1メートル先を見るように意識する。 5.肘を曲げながらゆっくりと体を倒していく。 6.床につかない程度まで下げたら、そのまま1秒間キープ。 7.その後、地面を押し上げて元に戻す。 8.この動作を20回ほど繰り返す。 ⇒動画はコチラ この時に気を付けていただきたいのは呼吸と姿勢です。呼吸は腕を下げるときに吸って上げるときに吐くように意識しましょう。姿勢は体が反り過ぎないように気をつけましょう。 ハードなトレーニングですがやればきっと効果は上がります。是非、頑張ってやってみてください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

疲れ目 腎臓の対処法

動画はこちら 疲れ目の原因は、いろいろあります。ひとつは、長時間の読書 やパソコンワークになどによる、目そのものの疲れです。とく に、光の集約であるパソコン画面を見つめることは、目にとっ て大きな負担になります。 また、整体法では、目は脳の一部と考えています。脳が疲れる と目も疲れます。逆にいえば、目が疲れて充血しているようなときには、脳も疲れて充血しているのです。 腕や足の疲れから目が疲れることもあります。なお、足の親指 は目と関連しているので、ここをもみほぐすと目の疲れが解消 することもあります。 また、目は腎臓とも関連しています。腎臓は胸椎10番のほか、 体温調節にもかかわる胸椎5番とも関連していますから、目が疲 れやすい人には汗をかかない、体温が低いという傾向が見られ ます。 いずれにせよ、目が疲れるいちばん直接的な原因は、眼球の後 ろの血行が悪くなるこたですから、上頸の持ち上げで、上頸部 の血行をよくしましょう。 写真の趾骨間の溝掃除をして、腎臓の機能を高めることも、疲 れ目の解消に効果的です。 目を閉じて蒸しタオルを当て、冷めたら取り替える処置を数回 くり返すのも、血行を促す方法として有効です。   足の趾骨間の溝掃除 1.両手の親指で足の指と指のあいだを広げるのうに、足の甲か ら指先にむけて、動かす。片足につき1、2分で、1日2回(朝、晩)が目安。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

固まった首や肩に血流を!!

寒い日が続きますね。 カラダにこたえますよね。 駅のホームで電車を待っていると、肩をすくめた姿勢で寒そうにされている方を多く見かけます。 そして、自分自身も知らず知らずにギュッと首、肩をすくめていることに気付きます(笑) そんな人たちは首・肩まわりを触ると筋肉が固まってしまっています! しかし、寒い駅のホームで肩の力を抜きましょうといっても、それはむずかしいですよね。 そこで今回は首や肩の筋肉の緊張をリラックスできるポイントをご紹介致します! ご自身でもできるように足にあるポイントです! それは、 足の2番目と3番目の指の間です。 方法としては、 そこを手の指で押さえて、足をグーパーグーパーしましょう! これが首、肩の血流を促進させ、緊張を解消します! ぜひ試してみてください! 動画でチェック!!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

のどに物がつまってしまった時

お正月の食べ物と言えば・・・ お餅 ではないでしょうか?? もちっと柔らかくて、何とも言えない美味しさがありますよね♪   でもでも皆さん、ニュースで見かけませんか?   食べ物を喉に詰めて救急車で運ばれたり、亡くなってしまれる方がいる事を…   都内ではここ5年間で601もの人が“餅”が原因で救急搬送されているそうです。 ※厚生労働省より。   さて皆さん…物がのどに詰まった時にちゃんと対処できますか??   そんな時の為に   今回は簡単で、尚且つ自分にも他人にもできる方法を紹介させてもらいます。   1:鎖骨を探し、その間に指を入れます。 (指は先から関節2つ分入れます。) 2:首を前に倒します。 すると、咳が出るのと同時に詰まっていたものが吐き出さされます。 ただ神経や血管が密集している場所なので、物が詰まった時以外は 絶対にしないでください。 簡単にできる方法なので、是非覚えておいてください。 動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

食べ過ぎに有効な運動とは!?

年末年始にかけて食べ過ぎてお腹の贅肉が気になる人、多いと思います。 脂肪を燃焼するには筋トレが有効と言われていますが、その中の一つが腹筋です。 今回はその腹筋の正しいやり方を紹介していきます。   ①あお向けに寝ます。 ②膝と股関節を90度に曲げます。 ③両手を頭の後ろに持っていきます。 ④そのまま背中を丸めてお腹を縮めるイメージで腹筋をしていきます。 ⑤一番お腹の縮まるポジションで静止して息を吐きます。 ⑥ゆっくり元の位置に戻していきます。両手の位置と股関節、膝の角度はそのままです。 この動作を20回ほど繰り返します。もの足りない人はこれを2~3セット行ってください。動作を早くし過ぎると十分に腹筋が使えないため注意が必要です。 特に食べ過ぎてしまう今の時期にはもってこいの運動ですね!是非、頑張って下さい! ⇒動画はコチラ

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

貧血の対処法

動画はこちら 西洋医学で定義されている貧血とは、血液中の赤血球や血色素 (ヘモグロビン)の量が減少した状態のことです。よく知られて いるのは鉄分が足りなくて起こる鉄欠乏性貧血ですが、自覚症 状がほとんどなく、健康診断などで血液検査をして、はじめて 貧血だとわかる場合も少なくありません。 これに対して、私たちが普通、貧血といっているのは、人ごみ や満員電車のなか、あるいは入浴中などにクラッときたり、朝 礼などずっと同じ姿勢で立ち続けているときにフラッときて、 思わずしゃがんでしまうような状態のことです。ときには冷や 汗がでたり、意識を失うこともあります。 ちなみに西洋医学では、これを脳貧血(一時的に脳の血液量が減 少する状態)と呼んで、貧血と区別しています。しかし、ここで は一般的な感覚に合わせて、クラッとかフラッとくるものを貧 血と呼び、その改善策をご紹介します。 立ちくらみを起こすのは、自分を取り巻く外界の変化に、体が スムーズに対応できないからです。たとえば、入浴中は血管が 広がって、血液が脳と体に同じ勢いで流れます。しかし、風呂 から上がると、脳に流れる血液の量が減ってしまうのです。 この変化にスムーズに対応できない体だと、血液の流れの格差 で貧血の状態になります。 また、貧血を起こしやすい人の体にさわってみると、上腹部全 体が固くなっています。さらにいえば、こういう人たちは低血 圧だったり、汗をあまりかかないことが多いものです。 貧血をはじめとしたこのような症状を改善するには、上腹部の 固さを取る必要があります。上腹部の硬直をゆるめる方法は、 手根(手のひらのつけ根)を肋骨に当て、内側に締めるという簡 単な方法ですが、とても効果があります。 締めることにより、肋骨はゆるんで、椎骨の可動性がよくなり ます。それにより、神経の伝達がスムーズにいき、これらの不 調をとりのぞいてくれるのです。     上腹部の硬直をゆるめる方法をご紹介します。 ①みぞおち近くに指先が向くように、肋骨を抱える。 ②みぞおちに力を集めるように両側から肋骨をよせ、、呼吸耐える。息を吸うときにゆっくりと手をゆるめる。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

目の疲れ・目の渇きに

今回は、目の疲れた時や目が乾いた時の対処方法を紹介します。 年末にもなると、長時間の運転や仕事を追い込んでしたりすることが多くなると思います。 そうなると、目が疲れたり乾いたりすると思います。 そんな時の対処方法を紹介します。 目をよく使うと目に力が入りますので、目の周りの筋肉が緊張してしまいます。 その結果、だんだんとおでこの骨の位置が下がってきます。 ですので、眉毛の鼻側にある攅竹(さんちく)と言うツボを下から上に持ち上げるように気持ちのいい強さで押してください。   そうすると、おでこの骨の位置が上に上がってくれますので目の周りの筋肉の緊張も取れてきます。 その結果、目の疲れや目の乾きを解消することができます。 皆さんも目が疲れた時や乾いた時にお試しください。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

冬の季節に気を付けておきたい“水分”のとりかた

寒さが厳しい季節になってきましたが、皆さんは元気に過ごされていますか? 冬になると色々な不調が体に現れやすくなりますが、それらの多くは【水分】を上手にとることで解決できる事をご存知ですか?? 人間の体は6~7割が水分でできていて体の機能をちゃんと働かせるために とても大切な役割を果たしています。 ですので水分が不足してしまうと 体がだるい、重い、こわばる、風邪が治りにくい 等さまざまな症状が起こります。 また、血液が濃くなってしまうので 脳梗塞や動脈硬化 などの原因にもなってしまうのです。 そして、寒く感じやすくなってしまう、寒さに弱くなってしまうのも水分不足の影響の一つです。 そして、体の感じ方だけでなく“寒さの影響”をうけるか、うけないかにも関係しているのです。 上に書かせてもらったように 水分が十分にあるか、そうでないか、で体への影響は大きく変わるのです。 【上手な水分のとり方】 体が乾く時期には、常温の水を飲むのが最適です。 ただ水を飲むと「体が冷える感じがする」、「冷たいので、飲みたくない」 と感じる人は、体が水を吸収できない状態になってします。 まずお茶でも紅茶でもハーブティーでも、温かいもので代用します。 そして温かい飲み物を飲みながら間にお水を一口飲む。 そうしているうちに、水を飲むのが嫌でなくなってきます。 お茶などは吸収がよさそうに思えますが、利尿作用が強く、意外と体を素通りしてしまいます。 できれば常温の水がよいのです。 コーヒー、ビール、お酒などは、飲むとよけいに体が乾きます。 なのでそれらの飲み物を飲んだ後は、しっかり水も飲んでおきましょう。 ジュースなどの甘い飲み物は、体が潤わずにむくんでしまう傾向があり、渇き対策には不向きです。   動画はこちらから  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

肩の安定性を高めるインナーマッスルその4

棘下筋は肩の安定性を高めるインナーマッスルの一つです。 図が示すように棘下筋は肩甲骨の棘下窩、棘下筋膜から起始し上腕骨大結節中央部、肩関節包に停止します。 棘下筋は腕を垂らし、肘を90度曲げた状態で前腕を体の外側に動かす外旋という作用があり、肩関節の外旋筋の中では最も強力な筋肉と言われています。また、棘下筋は肩関節の後方の安定性にとって非常に重要な役割を果たしています。 この筋肉が弱くなると肩関節の安定性が保てなくなるので上腕骨骨頭が上方や前方にずれるようになります。肩関節が不安定になると腱板断裂の予備軍であるインピジメント症候群や棘下筋を支配する肩甲上神経障害で筋委縮が起こります。 ちなみに棘下筋はローテーター・カフの中で棘上筋についで2番目に損傷を受けやすい筋肉と言われています。 バレーボールのアタッカーでは過度の内旋強制により棘下筋が部分断裂を起こし筋肉が単独萎縮が見られます。日常生活においても物を取る時や手を上に上げるときに支障をきたします。 それを防ぐためにはやはり棘下筋の強化が必要になります。 鍛え方は簡単です。⇒動画はコチラ 日々、棘下筋を鍛えておけば肩が不安定になるリスクも少なくなるので定期的なトレーニングをおすすめします。 簡単なので是非、実践してみてください。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。