カテゴリー別アーカイブ: 健康情報

蒸し暑さとエアコンの使い方

Amebaなうで紹介

少し暑い日も増えてきましたが、みなさんいかがお過ごしですか?? そろそろエアコンを使おうかな… と思っている方に気を付けてほしい事があります 人間の体は、気候の変化に対応できるように上手くの変化して、体を作り変えるようになっています。 夏が近づくと、汗腺が開いて汗が出やすくなり、体がゆるみ体の中にある熱が外に出やすい状態になるのです。 それが“夏の体”の特徴になります そして「暑い」 ということに適応するよう特化した体なので、冷房の冷たい風には弱いのです。 ここ年々夏の暑さは厳しくなり、そして昔とは違い建物はコンクリートとアスファルトに囲まれていて「自然な体」が適応できる暑さを超えつつあります。 そして、住宅では断熱材を使い、気密性の高い建物が増えて 冷房を使うことが前提となっています。 それらの事を合わせて考えると、今の世の中では冷房なしの生活は とても考えられないでしょう。 しかしながらエアコンや建物によって過ごしやすい環境が作られても、 人間の体は自然によって作り上げられたものなので。 夏になると暑さに対応できるように変化します。 そして暑さに強くなる分、冷房には弱くなります。 冷房を使わなければ暑さにやられてしまいますが、 使ったら使ったで体は冷えの影響を受け体調を崩しやすくなります。 また、冷房に入りっぱなしだと、汗が出ない体になってしまいます。 あちらを立てればこちらが立たずになってしまうのですが… こまめに冷房の温度に気を配って上手に使うしかありません。 また、活動しているときは体に影響がない温度でも、 寝るとなると冷えすぎることがあります。 そのあたりも、エアコンを弱めに使ったり、 布団や寝間着を厚くする等して対応するのがベストです。 理想は…寝るときは冷房は使わないのが一番いいのですが。 しかし準備もなしに、急に冷房を切って寝ると、かえって具合が悪くなる可能性が高いので注意が必要です。 真夏に冷房なしで寝るには、初夏、梅雨から汗をかく習慣を持ち、暑ければ汗が出て体温調節ができる体を作っておかなければなりません。 チャレンジするのならば、 夏前から運動や足湯、入浴などで汗をかけるように 体をならしておくことをお勧めします。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

夏バテに効く簡単な体操

汗ばむ陽気に夏の到来を実感する時期に差し掛かりましたね! 暑くなり急に体がしんどくなったり胃腸の調子が悪くなったりしていませんか? 今回はそんな夏の疲れをしっかり取るための簡単な快眠体操をご紹介いたします。   1.仰向けに寝ます。 2.お腹に両手を置きます。 3.両ひざを曲げて両足の裏を引っつけて両股関節を開きます。 4.このままの状態を10~30秒ほどキープします。 この体操でお腹が手の体温で温められて、足先も温まり、リラックスして睡眠に入ることができます。なので脱力状態でやることを心がけることが大切です。 簡単なので寝る前に一度おためしください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

イライラを抑える方法

今回は、イライラを抑える方法を紹介します。   最近では、テレワークなどによって働き方が変わってきています。 その結果、生活のリズムがガラッと崩れてしまった人も多いと思います。 そうなると、イライラしやすくなってきます。   ですので、今回はそのイライラを抑える方法を紹介します。 方法は、「こまめに水分を摂る」ということです。 水分が不足してしまうと脳に行く血液の循環が悪くなり、精神のバランスが崩れてしまいます。 その結果イライラしてしまいます。 ですので、こまめに水分を摂ることで脳へ行く血液の循環を整えることで精神のバランスも整い、イライラしにくくなります。 また、水分をこまめに摂ることで、物忘れの予防にもなります。   ですので、最近イライラするなという人や物忘れが激しい人は一度試してください。   今日の動画です。

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

便秘の対処法

                便が出ないために、苦しい、お腹が張る、肌が荒れるなどの不快感があると き、それを便秘といいます。逆に、何日か便が出なくても体調に全く問題がな いなら、それをあえて便秘という必要はありません。排便のリズムには個人差 があるので、毎日排便がないからといって、それが必ずしも便秘であるとは限 らないのです。 整体法では便秘を、消化器系全体の問題として、あるいは、神経的な問題(ス トレスなど)が原因と、とらえています。健康であれば、空腹時に体を動かす ことで、胃や腸が活発にぜん動運動を始めて排便反射が起こり、便意が促され ます。 しかし、胃腸の動きが衰えてくると、消化器がみずからのぜん動運動で、食べ 物を送ることをしなくなります。ですから、食べ物を口からさらに入れて、そ の分、便を押し出そうなどと考えて大食いするのは逆効果ですからやめましょ う。 こんなときは少し辛いかもしれませんが、しばらく食べる量を減らしてみま す。胃腸は空腹を感じるとき、もっとも活発に機能しますから、やがて正常な 排便活動ができるようになります。 応急処置としては、直腸を刺激する体操(左足を曲げて伸ばす体操)がおすす めです。これは、左足のももで直腸に刺激を与え、排便を促す方法です。 直腸を刺激する体操 1.あおむけに寝て、左膝を深く曲げる。膝頭を、へその真上あたりにくるよう に両手で抱え込む。 2.左足は伸ばす方向に、手は足を抱える方向に力を入れ、ここで力をためるて つま先は外側にして足首を固定。 3.手を離して左足を勢いよく伸ばす。このとき全身が脱力した状態になって る。1回につき1、2回、1日2回(朝・晩)が目安。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

夏を上手に過ごす為の準備

夏は汗をかくことが大切で ちゃんと汗をかけていると、大きく体調を崩す事なく過ごしていけるが 上手に汗をかけないと 熱中症になってしまったり 夏バテをおこしてしまう原因になってしまう 汗をかけないだけで 夏の体調不良の大きな原因になってしまいます 昔と違って現代の生活様式は 夏になる前から、どこにいってもクーラーが利いていて、かなり汗をかきにくい状況になってしまっています そうなると 体が強張って、体調を崩してしまいやすい状態になるのです ではどうすれば良いのかといいますと 夏になる前の 初夏〜梅雨の間にしっかりと汗をかける状態になっておく事です その時期に汗をかく準備ができていると 夏になってもスムーズに汗がでて そうなると熱中症、夏バテになりにくい体になり、暑くなっても変に体調を崩す事がなくなります 汗をかく理由は 体温の調節と体の中にあるいらない物の排泄をする為です そして、ちゃんと汗をかいておけると 秋を迎えた時に、夏の疲れを引きずらずに快適に過ごしやすくなります 気になる方はお試しください   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

免疫の手助けに『のど伸ばし体操』

ふだん免疫は何もしていないようでも、 病原体となるウイルスや細菌、カビなどから 身体を守って、病気にならないようにしてくれているのです。 また、体の細胞に異変があるものも退治して増殖時ないようにも監視を行なっています。 非常に大切な働きですね。 ごはんを食べるとのどを通って胃に入り、 息をするときは必ずのどを通って肺に酸素が入ります。 この時にも、悪いものが進入しないように免疫が働いています。 免疫の初めは、口の中の唾液や鼻の粘膜が最初になりますが、 喉のリンパも免疫が働く大切な部分です。 いわゆる門番みたいな場所なのです。 ここで、多くの悪いものを退治して体内へ進入するのを防いでいます。 しかし、首と喉のねじれや歪みがあると喉にあるリンパの働きも低下します。 さらに、のどに悪いウイルスや細菌が溜まりやすく、 それだけ退治しないといけません。 そうなると、ウイルスや細菌は体内へと進入しやすくなってしまうのです。 少しでも免疫の手助けになるように、姿勢を改善して首や喉まわりの捻れ、ゆがみが 起きないように注意しましょう。 今回は、喉まわりのねじれを改善して 免疫の働きを助ける「のど伸ばし体操」をご紹介します。 ①空を見るように顔を上げて背伸びをします。 ②喉の下から耳に向かってさすります。(5回ほど) ③もう一度、①のように背伸びをします。 ④再度、喉の下から耳に向かってさすります。(5回ほど) ⑤最後に鼻から大きく息を吸い込んで深呼吸をします。 息を吐くときは、ゆっくりと吐きます。(自律神経を落ち着かせる効果があります。) ぜひ、試してみてください! 動画はコチラから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

花粉症対策

コロナ禍の影響で毎年話題になる花粉症が薄れてきていますが、花粉は相変わらず飛んでいます。 5月に入って特にヒノキやイネ科の時期ではありますが、自分で対処できればいいと思いませんか? 花粉症のメカニズムは空気中に舞っている花粉が口や鼻を通して体内に侵入した時に体が異物(アレルゲン)として認識し、それをやっつけようと炎症反応として示します。 この時にかゆみやくしゃみ、鼻水や涙というような症状が表れます。 整体では、鼻や目、喉の粘膜を支配している神経に異常が出ると、それぞれの部位で血液循環が悪くなり、炎症症状が顕著に出てしまいます。 特に頸椎第3番が花粉症に関係していると言われています。 なので頸椎3番を整える事ができれば、花粉症の症状を抑えることができます。 今回は頸椎3番を調整する体操をご紹介します。 https://youtu.be/81x6rie6MUc  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

疲れ目の対処法

              疲れ目の原因は、いろいろあります。ひとつは、長時間の読書やパソコンワー クなどによる、目そのものの疲れです。とくに、光の集約であるパソコン画面 を見つめることは、目にとって大きな負担になります。 また、整体法では、目は脳の一部と考えています。脳が疲れると目も疲れま す。逆にいえば、目が疲れて充血しているようなときには、脳も疲れて充血し ているのです。 腕や足の疲れから目が疲れることもあります。なお、足の親指は目と関連して いるので、ここをもみほぐすと目の疲れが解消することもあります。 また、目は腎臓とも関連しています。腎臓は胸椎10番のほか、体温調節に関わ る胸椎5番とも関連していますから、目が疲れやすい人には汗をかかない、体 温が低いという傾向が見られます。 いずれにせよ、目が疲れるいちばん直接的な原因は、眼球の後ろの血行が悪く なることですから、上頸の持ち上げで、上頸部の血行をよくしましょう。足の 趾骨間の溝掃除をして、腎臓の機能を高めることも、疲れ目の解消に効果的で す。 目を閉じて蒸しタオルを当て、冷めたら取り替える処置を数回繰り返すのも、 血行を促す方法として有効です。 ・上頸の持ち上げ 1.両手で軽く頭を支えて、親指に頭をのせるようにして上を向く。 2.頭をゆっくりと小さく左右に動かす。 ・足の趾骨間の溝掃除 1.両手の親指で足の指と指の間を広げるように、足の甲から指先に向けて、動 かす。片足につき1、2分で、1日2回(朝・晩)が目安。  

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

蒸し暑くなってきた時に体調が悪くなりやすい方へ

湿気が多い時期になると体が重くなる 梅雨の時期は体がだるくなってしまう 毎年そのような症状が出てしまう… そのような声を頻繁に聞きます 体は湿気にさらされてしまうと肺や気管支等の呼吸器と 腎臓、膀胱等の泌尿器の働きが悪くなってしまいます 肺の働きが悪くなると体が重く、息苦しくなり 腎臓、膀胱の働きが悪くなると体がだるくなってしまいます 対処方法なのですが… まず基本的な事ですが 湿気の多い時期は体の重さ、だるさに負けずに動いている方が体の調子は良くなります 息苦しかったり、気分がすっきりしない時は 呼吸器に負担がかかっている時です 大きく深呼吸をしたり、太ももの裏の筋肉(呼吸器に関係があり)を伸ばしたり、大股で歩く事で不調が解消されやすくなります 体がだるく感じる時は 泌尿器に負担がかかっている時です 正座をして後ろを振り返るように3,4回振り返るようにすると 泌尿器の働きが回復してだるさの解消に繋がります 今の時期に体調を崩してしまいやすい方は是非お試しください   動画はこちらから

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。

首の後ろがつらい人のためのストレッチ

スマホやパソコンが普及している現代で首が常につらい、凝るといった人はたくさんいます。 特に首の後ろがつらくなると頭痛やめまいなどにも移行するため注意が必要です。 どのように予防するか、やり方は簡単です。 1.仰向けに寝ます。 2.膝を立てます。 3.背中をペタンとつけてあごを引きます。 4.あごを引いた状態をキープしながら胸を張ります。 5.5秒そのままでキープします。 6.力を抜いて元の状態に戻します。 7.1~6を5回ほど繰り返します。 ⇒動画はコチラ 首の疲れを溜めてしまうと血圧が上がる原因にもなりますので日々ケアしながら、健康維持するようにしてください。 簡単なストレッチなので是非、一度お試しください!

カテゴリー: 健康情報 | コメントは受け付けていません。